直木賞の島本理生「ファーストラブ」がNHKでドラマ化!映画との違いは?

第159回直木賞を受賞した島本理生さんの作品「ファーストラブ」が、NHKBSプレミアムにて2020年2月22日にドラマ化決定!!

しかも堤幸彦監督の映画版「ファーストラブ」も決定しており、作品もさることながら、ドラマと映画の違いも気になりますよね!

そこで、今回はドラマ版と映画版の違いについて、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

直木賞の島本理生「ファーストラブ」がNHKでドラマ化!

島本理生著「ファーストラブ」は、2018年5月31日に文藝春秋より販売されたミステリー小説!

物語は容疑者の心理、とくに何故その結末になったのかを紐解く、考えさせられる作品となっています。

ネタバレになるので、作品ついては一切書かないので、安心してくださいね♪

NHKBSプレミアムで2020年2月22にファーストラブがドラマ化

少し前にファーストラブの映画化が発表されましたが、

続いてNHKからもBSプレミアムよりドラマ化が発表されました!!

ドラマの公開日は2020年2月22日(土)の夜9時より放送されます。

真木よう子さんが主演され、上白石萌歌さんや平岡祐太さんも登場!

すでに多くの方が楽しみだと口コミをされています。

ちなみにですが、ファーストラブで検索すると、宇多田ヒカルさんの曲や韓国の人気ドラマ「2度目のファーストラブ」が表示されます・・・。

まだ放送・上映されていないので、仕方がないですね。

ファーストラブのNHKドラマと映画の違いとは

ファーストラブはすでにドラマと映画の公開が決まっていますが、大きな違いはキャストの違いです。

役名 ドラマ 映画
真壁由紀 真木よう子 北川景子
真壁由紀(大学時代) 里々佳 未定
環菜 上白石萌歌 未定
迦葉 平岡祐太 中村倫也
昭菜 黒木瞳 未定

となっており、真壁由紀と迦葉役はどちらも決まっています。

真木よう子さんと北川景子さんということで、作風のイメージもガラッと変わって面白そうですね。

ドラマの配役は全て決まっていますが、映画は2021年公開のため、まだ全てのキャストが決まっていません。

ですが、ドラマと映画ではキャストが全て別の方がされますし、監督も変わりますので、原作を知っている方も知らない方も、ドラマと映画の両方を楽しめると思います。

ファーストラブの放映時間

HNKのドラマではすでに放映時間が書かれており、1時間59分となっています。

では、映画はどうなのかですが、まだ公開されていませんのであくまでもの推測となりますが、邦画は大体2時間ということが多いので、おそらく2時間程度と予想されます。

分かり次第、追記したいと思います。

直木賞の島本理生「ファーストラブ」がNHKでドラマ化!映画との違いは?まとめ

映画やドラマは原作を少し弄る可能性が高く、原作を好きな方からは批評を受けやすい傾向にあります。

ですが、島本理生著の「ファーストラブ」はミステリーなので、ドラマや映画にしやすく、映画では忠実に再現していくものと予想されます。

現時点では情報が少なすぎるため、大きな違いは先ほども紹介したキャストの違いが挙げられ、その他の違いについてはまだわかりません。

コチラに関しては情報が公開され次第、追記して行きます。

ファーストラブは非常に評価の高い作品なので、NHKドラマや映画が、今から楽しみですね♪

スポンサーリンク