NTTドコモが「クソ野郎」と書いたお客様メモ画像で炎上!店長は石井大地?

スポンサーリンク

ツイッターで大炎上中のNTTドコモ。

事の発端は本来はお客様に渡すことのない「ヒアリングシート」を、謝ってお客様に渡してしまったことで事件が発覚します!

そのお客様メモには「クソ野郎」と書かかれた画像がはっきりと分かり、社員のモラル低下が指摘されています。

今回はNTTドコモが「クソ野郎」と書いたメモ画像やどこのショップだったのかをまとめてみました。

スポンサーリンク

NTTドコモが「クソ野郎」と書いたお客様メモ画像で大炎上!

この「クソ野郎」事件が起きたのは、2020年1月6日とすでに3週間近く経ちますが、依然としてこの問題は炎上中です。

そもそも、このメモを渡されたユーザーは、NTTドコモ側に責任者を呼ぶよう要請しますが、対応したのが悪かったため、激怒したお客様がツイッターで事の発端を暴露しました。

もしも、NTTドコモが最初から誠意を持って対応していれば、問題は表に出ずに終わったかもしれませんから、怠慢ともとれますよね。

最近はお客様に対して誠意が欠けている企業も多く、ツイッターで拡散されてから謝るケースも増えています。

もちろん、モンスターと呼ばれる「悪質な客」もいますが、今回はドコモショップに落ち度がありますので、きちんと対応するべきでした。

クソ野郎画像ツイートの流れ

1月6日に事件が起こり、ドコモ側も対応したものの、誠意のある対応不十分。

2日経ってもドコモ側からは何の対応もなく、怒りの気持ちが治まらず、お客さんがツイッターで「クソ野郎」画像をツイートし、大炎上!

ドコモ側がようやく謝罪へ。

問題となったのはどこのドコモショップなのか?

今回、お客様に「クソ野郎」と書いたヒアリングシートを渡してしまったのは、千葉県市川インター店のドコモショップです。

場所に関しては全て特定されており、一時臨時休業していたようです。

この千葉県市川インター店のドコモショップの窓口で、このメモが渡され、大炎上しました。

FNNで放送された映像では名刺の名前がテロップで隠れていましたが、ネットではテロップが剥がされたものがアップされており、「石井大地」と書かれていました。

もちろん、これが本当なのかどうかはわかりませんので、鵜呑みにするのは注意が必要です。

スポンサーリンク

NTTドコモが「クソ野郎」と書いたお客様メモ画像で炎上!場所はどこのショップ?まとめ

「クソ野郎」メモでNTTドコモのモラル低下を暴露された形になりましたが、人件費カットとかいうよりも、社員教育がなっていないことが問題です。

メモを渡されたお客様に、最初から誠心誠意対応していればこのような事態にはならなかったかもしれないので、ショップ店員だけではなく上層部にも問題があると思います。

ドコモ千葉支店長やドコモショップを運営する、兼松コミュニケーションズから謝罪もありましたが、時間が経ちすぎており、もう少し早く対応できなかったのかなと。

これを機に社員教育を見直してもらいたいですね!

では、まったね~

スポンサーリンク