新型肺炎は神奈川県のどこで感染がみつかった?入院先の場所は?

広告
スポンサーリンク

連日のように新型肺炎(新型コロナウイルス)が報道され、国内でも爆発的に広がるのではないか不安がよぎります。

中国では感染者が440人になり、死者は9人と報道され、変異の危険性があると報じられました。

今回は新型肺炎が国内のどこで見つかったのかをまとめました。

スポンサーリンク

新型肺炎は神奈川県のどこで感染がみつかった?

日本国内で初めて新型肺炎の感染者が見つかったのは、神奈川県であることは厚生労働省によって発表されました。

年齢 30代
国籍 中国
性別 男性
場所 神奈川県

個人情報保護のため、これ以上の詳しい情報は発表されていません。

なお、厚労省によると

(5)滞在国: 中華人民共和国(湖北省武漢市)
(6)滞在国での行動歴: 本人からの報告によれば、武漢市の海鮮市場(華南海鮮城)には立ち寄っていない。
中国において、詳細不明の肺炎患者と濃厚接触の可能性がある。

らしく、武漢市にはいたが、問題となった海鮮市場には行っていないらしく、現在報道され始めたように、新型肺炎が人から人へ移ったのではないかと予想されます。

では、この男性が神奈川県のどこで感染が確認されたのでしょうか。

新型コロナウイルス(肺炎)は神奈川県のどこで感染が確認されたのか?

国内感染が発表されてから数日経ちましたが、「神奈川県」としか政府は発表していません。

つまり、神奈川県のどこで報告が確認されたのかはわかりませんので、ネットでのデマを鵜呑みにしないでください。

メディアの一部が横浜や川崎だと報じたとの噂もあり、現在ツイッターなどではデマも多く広まっています。

国内では感染者は1人であるにも関わらず、すでに2人以上の感染者がいることになりますからね。

政府機関が発表しているのは神奈川県のみなので、信憑性のない情報は鵜呑みにしないようにしてください。

なお、この男性は中国武漢市に滞在中の2020年1月3日から発熱があり、同1月6日に日本へ帰国後、すぐに医療機関を受診。

1月10日から入院し、15日には症状が軽快し、すでに退院しています。

気になったのは、空港のチェックの際、発熱などがあった場合、チェックに引っかかるはずなのですが、なぜ通過できたのかというなぞが・・・。

新型肺炎が空港のサーモグラフィーや検疫に引っかからない理由

そこも気になるのですが、現在は全く情報がないため、詳細がわかれば更新します。

スポンサーリンク

男性はどこの病院に入院していたのか

こちらも政府は情報を公開しておらず、あくまでも推測にはなりますが、おそらく東京の新宿だと思われます。

理由は

当該患者の検体を国立感染症研究所(村山庁舎)で検査したところ、昨日(1月15日)20時45分頃に新型コロナウイルス陽性の結果が得られました。新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者の発生が国内で確認されたのは初めてです。

と報道各位に厚生労働省が発表していることから、国立感染症研究所センター病院があるのは東京都新宿区戸山1丁目21−1となるため、新宿で入院していたことが高いと予想されます。

ただし、先ほども紹介しましたが、すでに病状が軽快しており、すでに1月15日には退院しております。

その後、東京都での新型肺炎が確認されていないことから、この国内初の感染者からは他人へ感染していませんので、パニックにならないように注意してください。

新型肺炎は神奈川県のどこで感染がみつかった?入院先の場所は?まとめ

厚生労働省は神奈川県のどこなのかは発表しませんでしたが、中国から国内へ戻った後、住まいである神奈川県でしばらく過ごし、その後、病院で診察を受けています。

この空白の期間がありますが、10日以上も経っているため、今のところは新型肺炎が国内で蔓延していることはなさそうです。

今は飛行機で誰もがどこでも行ける時代になりましたので、いつ・どこで・誰が感染してもおかしくありません。

風邪のような症状であるため、自身ではなかなか気づくのが難しく、体調がおかしいなと感じたら、すぐに病院で診てもらってください。

予防は手洗い・うがい・マスク・アルコール消毒など、従来の風邪対策が有効らしいので、これらを徹底してください。

現状はSARSやMARSといった恐ろしい致死率ではないので、不安にならずに今後の対策などを待ちましょう。

では、失礼します。

スポンサーリンク