【青学】湯原慶吾の出身高校はどこ?実績や記録も紹介!箱根駅伝2020

スポンサーリンク

青山学院大学は2020年箱根駅伝で、往路をぶっちぎりの新記録を更新し、優勝を決めました!

このまま独走して、復路も新記録がでるのかにも注目です。

さて、青山学院大学が箱根駅伝10区を新号健志選手から急遽メンバー変更し、2回生の湯原慶吾選手が任されました。

今回は湯原慶吾選手の出身高校はどこなのか、高校時代の実績や記録を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【青学】湯原慶吾の出身高校はどこ?

湯原慶吾選手の出身高校は茨城県の【水戸工業高校】です。

陸上競技が盛んで、2019年も関東地区高校駅伝や茨城県高校駅伝にもエントリーしています。

ここからは水戸工高校での湯原慶吾選手の記録や実績を紹介します。

水戸工業高校での記録・実績

湯原慶吾選手の高校での記録ですが、

年度 大会名 区間 順位 記録
2017年 都道府県駅伝 1区 26位 00:20:53:00
2018年 都道府県駅伝

という記録になっており、26位という結果となっています。

2018年の都道府県駅伝に関しては、エントリーはされたものの出走することはできませんでした。

スポンサーリンク

【青学】湯原慶吾の出身高校はどこ?実績や記録も紹介!箱根駅伝2020

青山学院大学2回生の湯原慶吾選手の高校は【水戸工業高校】で、高校での駅伝実績は都道府県駅伝の26位が最高でした。

今回の箱根駅伝では急遽10区を任されることになった湯原慶吾選手。

元々3区にエントリーされていましたが、森田選手に変更になり、再度、新号健志選手から湯原慶吾選手へ変更されました。

監督の思惑や選手のコンディションなど色々あると思いますが、湯原慶吾選手には頑張って欲しいですね♪

では、まったね~

スポンサーリンク