【サル痘ウイルス】予防方法や治療方法はない?口コミなどまとめ

スポンサーリンク

欧米でサル痘ウイルスの拡大が懸念されています。

現在、日本では感染報告はありませんが、2022年6月1日から入国制限を大幅に緩和すると発表しているので、今後感染報告がされてもおかしくありません。

さて、今回はサル痘ウイルスについての予防方法や治療方法などについてまとめてみました。

※あくまでも噂レベルな情報も混じっていますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

【サル痘ウイルス】予防方法や治療方法は?

上記の動画でもいわれているように、政府は「サル痘ウイルス」に予防効果が期待できる天然痘ワクチンをすでに生産・備蓄していると報道されています。

すでに250万人分の備蓄があるのではないかとの話もあります。

さらにこの天然痘のワクチンですが、

サル痘の予防には天然痘のワクチンが有効とされ、欧州疾病予防管理センター(ECDC)などによると、約85%の発症予防効果がある
引用:ヤフーニュース

との記事もあり、高い予防効果が期待できそうとの話もありました。

そのため、予防方法についてはこの天然痘ワクチンを摂取すれば、サル痘は防げるのではと期待されています。

サル痘の治療方法

では、治療方法はあるのでしょうか。

完全な治療方法というのは現在はないようで、対処療法になるようです。

ウィキペディアによると

確立された治療法がないため、対症療法を行う。ただし種痘が効果があるとされている。
引用:ウィキペディア

と書かれています。

アメリカなどでは、シドフォビル・Brincidofovirなど天然痘に対する治療薬などが使われているとの話がありますが、日本では未承認となっているため、現時点(2022年5月28日現在)では別の治療方法になると思います。

また、別の視点となりますが、最近は帯状疱疹が増えているとニュースなどで報道されていますが、

看護師です。 帯状疱疹の発症が2.5倍に増えています。ワクチンを打った人が殆んどなので、ファイザーのコロナワクチンとの関連は否定できません。それをサル痘と呼んでいるだけだと思います。抗ウイルス剤を飲めば済むことです。 すべては仕組まれていると思います。
引用:ミルクティー飲みたい

上記の動画のコメント欄で、上記の理由でこれがサル痘とよんでいるだけではとのコメントもありました。

この場合、抗ウイルス剤(バルトレックスなど)を服用することで、症状は落ち着く・・・という説ですね。

現時点では詳しい情報がないので、この仮説も否定できないと思います。

ちょうど「サル痘」と「帯状疱疹」の見分け方を解説している動画があったので、載せておきますね。

サル痘、かかりたくないですね・・・

噂レベルの治療方法

こちらの動画では「貝類」が感染予防・治癒の手助けになると紹介されています。

日本人の場合、「しじみ」「アサリ」などがあげられています。

ただし、この動画では

信じるか信じないかだが、心の片隅に置いておいても損にはならないだろう

と言われているように、あくまでもの話をされています。

治療方法・予防方法はない?

上記では色々な情報を載せてきましたが、実はサル痘ウイルスについてのシュミレーションが、2021年ミュンヘンでの国際バイオセキュリティ会議で行われているのですが、

>>サル痘についてのシュミレーション「NTI」

とレポートされており、このサル痘ウイルスはワクチン耐性があるとの指摘もされています。

あくまでもシュミレーションです。

>>サル痘ウイルスはビル・ゲイツの予言通り!?陰謀論説もあるが?

このシュミレーションをしたNTIですが、

2018年1月、NTI は、ビル&メリンダゲイツ財団から25万ドルの支援を受けたと発表
引用:wikipedia

との報告があり、ビル・ゲイツ氏との繋がりもあるため、陰謀論などの説が出ていますが、こちらに関しては個人的にはないと思いますが。

ただ、サル痘ウイルスは馴染みのない病気であり、なぜこの病気でシュミレーションしたのかには疑問ではあります。

NTIのシュミレーションはさておき、現時点もサル痘ウイルスによる治療方法は確立されていません。

また、欧米で広がっている報道は出ていますが、現時点では200人ほどであり、これがさらに広がりをみせるのかは疑問が残ります。

とはいえ、ビル・ゲイツ氏の予言や、アメリカ政府が1300万人分のワクチンを注文していおり、本当にまたパンデミックになるのかと不安になるんですよね。

まとめ

今回はサル痘ウイルスについての治療方法や予防方法について、噂レベルのものもいくつか紹介しました。

ただ、今回の話しはあくまでもシュミレーションであること。

また、欧米で感染者数が200人以上となりましたが、ここから広がるのかどうかはわかりません。

なので、この記事はあくまでもの話であり、信憑性に関しては政府のHPなどをチェックしてくださいね。

スポンサーリンク