睡眠用うどんは冬寒くない?保温力は高いとの口コミに疑問?

広告
スポンサーリンク

頭のほぐし専門店「悟空のきもち」が開発した「睡眠用うどん」が口コミなどの評判が高く、あのうどんに癒されたい・・・と考える方も多いですよね。

実際に睡眠の質が良くなったとの声もありますし、睡眠不足の方には是が非でも気になる布団・・・うどんです。

ですが、気になるのが睡眠用うどんって、そもそもスカスカだし、は絶対に寒いよね?という疑問が出てきますよね。

そこで、今回は睡眠用うどんは冬寒くないのか、その保温性などについて調べてみました。

スポンサーリンク

睡眠用うどんは冬寒くない?保温力は高いとの口コミに疑問の声?

睡眠用うどんは見た感じから隙間があってスカスカなので、冬に使うには寒すぎるのではないかと疑問に感じますよね?

手も足も外に出ているし、寝ている間に寝返りもうつので、絶対に寒いはず!!

僕も初めて睡眠用うどんを見たときは、冬のシーズンは絶対に寒そうだなって思っちゃいました。

睡眠用うどんの保温力は高くない?

実際に利用されている方の声を見てみると、

どうも保温力はすごく高いというわけではないようです。

抱き枕にも使えるし、寝るのが気持ちいなど、睡眠の質に関しては高い評価が寄せられていますが、保温力に対しては「寒い」との声が見られました。

公式サイトでは麺をギュッと閉じれば防寒性能が高いと主張していますが、その保温力は疑問が残っており、口コミでの評価に疑問を持つ方も多いです。

ですが、徐々に温かくなってくるとの声もあったので、寝返りなどをしたときに麺がバラバラになって、起きたときに被れていないのが寒さの原因かもしれませんね。

睡眠時は寝返りをうつので、麺をずっと閉じているのは難しいかも・・・

スポンサーリンク

冬は睡眠用うどん単体では厳しい

睡眠用うどんは掛け布団となるので、真冬などはこれだけでは対応するのは厳しそうです。

なので、この商品の上にタオルや毛布をかけた方が良さそうです。

先ほども紹介しましたが、公式サイトでは防寒性能が高いと主張しており、うどんをギュッと閉じれば保温性の効果が高くなると紹介されています。

それが上記のデータとなります。

「寒いなら麺をとじればいい」というフレーズは面白すぎて、普通の布団ならこんな発想は出てきませんよね。

隙間を作ることで、夏は通気性が良くなり涼しく、冬は密度を高めることで保温性を高めることができるんだそうです。

手足の体温調整を考えた作りなんだとか。

悟空のきもちの販売ページにも、冬は「毛布+睡眠用うどん」と組み合わせることで、従来の布団よりも温かいと紹介されているので、単体での効果には納得ですね。

睡眠用うどんは冬寒くない?保温力は高いとの口コミに疑問?まとめ

睡眠用うどんについて調べてみた結果、真冬はこれ単体では寒いらしく、上に毛布などを利用する必要があることがわかりました。

斬新な発想で、今も飛ぶように売れている睡眠用うどん。

掛けうどんモードとか、従来の発想では思いつきませんよね笑

本業のヘッドスパでも予約が取れないほど、大人気のお店が開発した商品だけに、今後もますます売れそうですね♪

では、まったね~

スポンサーリンク