【イ・ジェミョン】期日前投票で不正疑惑!?特定候補者に投票された用紙を配ったと告発の声も!韓国大統領選挙

スポンサーリンク

2022年3月9日、韓国で第20代大統領選挙が行われました。

世論調査ではイ・ジェミョン氏とユン・ソギョル氏の支持率が高く、実質二人の一騎打ち。

さて、この選挙に巡ってイ・ジェミョン氏には、期日前投票でひと悶着あったようで、不正があったのではないかと疑われています。

今回はそれらについてまとめてみました。

スポンサーリンク

【イ・ジェミョン】期日前投票で不正疑惑!?


韓国ではコロナ感染者・および隔離者の方も投票できるように、事前投票の手配がされていました。

感染・隔離有権者たちは投票現場で選挙事務補助員に身分確認を受けた後、投票用紙1枚と臨時記票所封筒1枚を配られます。以後、専用臨時記票所に入ってスタンプを押した後、用紙をあらかじめ用意した空の封筒に入れて補助員に渡す。補助員は参観者の監視の下で、封筒から投票用紙が公開されないように取り出し、投票箱に入れなければならない。
https://rakukan.net/article/485874609.html

とされており、しっかりと公平にできるシステム。

選挙はみんなで選ぶものであり、これなら安心して投票できますね。

ですが、その期日前投票で不正投票が行われたのでは・・・との声がありました。

>>【イジェミョン】失言・スキャンダルまとめ

イ・ジェミョンと書かれた用紙が入っていたと告発の声!

実はこの期日前投票では、事前にイ・ジェミョン氏のスタンプが押されている投票用紙が見つかり、これが不正選挙なのではないかと疑われています。

告発があったのはこの投票用紙がみつかったため。

そのため、

という意見もありました。

ただ、こちらは何かの手違いか、たまたま投票し忘れた方の封筒がまぎれていたのか、いずれにせよ、不正を行ったわけではないと思います。

さすがに大統領選挙ですからね、不正を行えば大問題になると思いますので。

まとめ

何かとスキャンダルや失言が多いイ・ジェミョン氏。

さすがに期日前投票で不正は考えにくいので、たまたま手違いで起きた出来事だと思います。

とはいえ、自分の投票用紙に勝手に候補者が書かれていれば、僕でもそう思ってしまうと思います。

なので、今後はこのようなことがないように、しっかりと対策してほしいですね。

スポンサーリンク