M-1の見取り図のネタは面白くない?気になる世間の評価は?

広告
スポンサーリンク

M-1グランプリ2019の決勝戦まで残った見取り図。

去年は決勝戦で敗退したため、今年は並々ならぬ意志でネタを披露しました!

が、見取り図のネタは面白くないとの声もあり、世間の評価を調べてみました。

スポンサーリンク

M-1の見取り図のネタは面白くない?気になる世間の評価は?

見取り図は2018年のM1グランプリでも決勝戦まで進んでいますが、10組中9位という結果に終わっています。

今回は前回の屈辱をバネに、優勝したいという意気込みが凄く伝わってくる漫才でした。

見取り図の披露した漫才

M-1グランプリ2019の3回戦で披露したのは「旅行」ネタでした。

バスガイドのツアーの内容で、「クリス・タルケイ」という自己紹介のところが面白かったです。

また、ツアーにも関わらず他のお客さんが参加しておらず、タルケイが天然記念物を持ち帰るなど、ふざけ倒したバスガイドが圧巻!

この漫才ネタはGYAO!で期間限定で公開されているので、気になる方は早めにチェックしてくださいね。

スポンサーリンク

見取り図のプロフィール

見取り図は盛山晋太郎・リリーの漫才コンビで、結成して12年の中堅。

主によしもと漫才劇場を中心に活躍されています。

M-1グランプリには今回を合わせて10回出ており、徐々に順位を上げてきており、今年は優勝できるかに注目されています。

M-1の見取り図のネタは面白くない?気になる世間の評価は?まとめ

見取り図のM-1グランプリ2019でのネタですが、世間の評価は悪くなく、面白くないとの声はほぼ聞かれませんでした。

むしろ上位に入るのではという予想が多く見られ、世間の評価は高い感じです。

本日のM1でどのような結果になるのか注目ですね!

では、まったね~

スポンサーリンク