箱根駅伝2022「岸本大紀」の出身高校はどこ?実績や記録も紹介!

スポンサーリンク

箱根駅伝2022の事前エントリーでは補欠になっていた岸本大紀選手。

原監督のツイートが話題となっており、フレッシュグリーンのタスキには7区「岸本大紀」の名前が。

なので、明日の箱根駅伝2022の7区は事前エントリーの「宮坂大器」選手ではなく、岸本大紀選手ではないかと思われます。

今回は岸本大紀選手の出身高校や実績や記録などを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

箱根駅伝2022「岸本大紀」の出身高校はどこ?


原監督の意味深ツイートが話題になって、復路のメンバーがバレる!?状況に。

もちろん、まだ確定ではありませんが、2022年の1月2日のメンバーを見ると、おそらく・・・

さて、箱根駅伝7区の岸本大紀選手ですが、高校は新潟県の「三条高等学校」を卒業されています。

偏差値の高い進学校で、文武両道で凄いですね^^

↓青学の箱根駅伝2022選手一覧↓

岸本大紀のプロフィール

名前 岸本大紀
生年月日 2000年10月7日
出身地 新潟県
高校 三条
身長 172cm
体重 53キロ

岸本大紀の大会実績や記録

三条高校での大会成績は

都道府県駅伝2016 6区 3位 8:50.00
都道府県駅伝2017 5区 20位 25:21.00
国体2017 1組 20位 15:01.00
日本体育大学長距離競技会5000m(2018) 30組 28位 14:51.94
国体2018 1組 23位 14:53.51

という大会実績を残しています。

青山学院大学に進学してからは

関東学生10000m記録挑戦競技会2019 9組 2位 28:32.33
箱根駅伝2020 2区 5位 1:07:03.00
都道府県駅伝2020 3区 19位 24:22.00
学生ハーフ2021 55位 1:05:41.00
日本体育大学長距離競技会5000m(2021/5) 8組 19位 14:40.12
全日本大学駅伝2021 3区 3位 33:55.00

などの大会成績を残しています。

まとめ

箱根駅伝2022の7区エントリーは現在のところは宮坂大器選手となっていますが、本番はおそらく岸本大紀選手だと思います。

往路は青学が2位を引き離している状況ですが、さらに引き離すのではないかと予想。

その復路7区を任されている岸本大紀選手がどのような走りを見せてくれるのか。

楽しみですね^^

スポンサーリンク