【駒澤大学】唐澤拓海の出身高校や実績・記録を紹介!箱根駅伝2022

スポンサーリンク

箱根駅伝2022年のエントリー1区に出場の駒澤大学「唐澤拓海」選手。

今回は2年生で1区を任される実力を持つ、唐澤拓海の出身高校や実績・記録を紹介します。

スポンサーリンク

【駒澤大学】唐澤拓海の出身高校や実績・記録を紹介!箱根駅伝2022

駒澤大学の唐澤拓海選手ですが、高校は「花咲徳栄」です。

花咲徳栄高等学校はスポーツで有名であり、ボクシング・空手道・水泳など、全国大会に出場する強豪。

唐澤拓海選手の高校の成績は

平成国際大学長距離競技大会10000m 2位
関東地区高校駅伝1区 5位
日本体育大学長距離競技大会5000m 6位

というような成績を残しています。

その後、駒澤大学に入りますが、1年生から駅伝にエントリーされており、

都道府県駅伝2020 4区 1位
出雲駅伝2021 4区 8位

という成績となっています。

2021年は4区を任されていますが、2022年の駅伝では1区でエントリーされており、10000mでチームで3位の実力を持つことから抜擢されたようです。

スタートはとても重要なので、唐澤拓海選手の走りに注目ですね♪

1区を走る選手一覧はこちら↓

まとめ

箱根駅伝2022の1区にエントリーされている唐澤拓海選手について紹介しました。

・・・イケメンで羨ましい><

今回はどのような走りを見せてくれるのか、注目ですね。

スポンサーリンク