逃げ恥の赤ちゃんの名前「亜江」の由来はなに?

スポンサーリンク

2021年1月2日に「逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ新人類!新春スペシャル」が放送されました。

星野源さんや新垣結衣さんが出演する人気ドラマで、約4年ぶりとなります。

今回は逃げ恥に登場した赤ちゃん「亜江」の名前の由来について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

逃げ恥の赤ちゃんの名前「亜江」の由来はなに?

ドラマの中でヒラマサとみくりが、赤ちゃんの名前を決めるシーンで、互いの名前である「森山」と「津川」から決めようとします。

「森」と「津(港)」を結ぶということで、子供には川にちなんだ名前をつけようとします。

いくつかの候補が上がりましたが、つけられた名前は「亜江」ちゃん。

亜江とは魚にちなんだ名前で、雌性先熟の性転換行う魚で、メスからオスに転換する珍しい魚です。

本当の名前はキジハタとよばれますが、地方によっては「アコウ」「アカミズ」「アカアラ」などとよばれ、関東ではアコウとよばれることが多いようです。

まとめ

かなり珍しい名前となりますが、主人公である「平匡(ヒラマサ)」も魚が由来であることから、子供の名前も魚から由来がきてもおかしくないですよね。

原作では男女どちらかわからなかったですが、ドラマでも結局どちらかは不明・・・

由来から名づけられたのは「亜江」で、その魚はメスからオスに転換するため、なぞのままです。

とはいえ、逃げ恥のドラマは面白く、ツイッターでもかなり話題になっているので、スペシャルドラマも楽しまれた方は多いんだなと思いました。

スポンサーリンク