チェスターコートのシワを取る方法!アイロンしても大丈夫!?

スポンサーリンク

11月になり、いよいよ本格的に寒くなってきましたね。

お洒落やスーツの上からチェスターコートが大活躍する季節。

でも、クローゼットなどから取り出してみるとシワが・・・

ここではチェスターコートにできたシワを取る方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

チェスターコートのシワを取る方法!アイロンしても大丈夫!?

チェスターコートのシワを取る方法として、真っ先に思いつくのはアイロンだと思います。

ですが、残念ながらチェスターコートにアイロンするのはNGです!!

なぜならチェスターコートに使われているのはウール(カシミア含む)であることが多く、アイロンがけしてしまうとテカテカに!!

学生時代に学ランを着ていた男性なら分かるかもしれませんが、ズボンのおしりがテカテカになるあんな感じですね。

さすがにテカテカはダサい・・・

サトル

では、チェスターコートにできたシワを取るにはどうすれば良いのでしょうか。

スチームアイロンでシワをとる

熱がでるアイロンはウールやカシミヤにダメージを与えてしまい、その結果テカテカになってしまいます。

そこでシワを取るためには、スチームアイロンが有効です。

スチームアイロンの場合、水蒸気で噴射してシワを伸ばすので、ウール素材などでも大抵使えます。

スチームアイロンにはいくつかの種類がありますが、コート系のシワを取るためならハンガーにかけたまま使える衣類スチーマーがオススメ!

ただし、昔僕が買ったスチームアイロンは全く使い物にならないものだった(しかも重い)ので、購入するときはアマゾンなどのレビューでチェックした方が良さそうですね。

>>スチームアイロンの購入はコチラ

スポンサーリンク

お風呂の蒸気を利用する

スチームアイロン以外の方法で考えると、お風呂の蒸気を利用してシワをとる方法があります。

お風呂上りについでにチェスターコートを風呂場にハンガーでかけ、数時間から翌日まで吊るしておきます。

翌日まで吊るすときは、お風呂にお湯を張った状態で、蒸気が出るようにしておいた方が効果的です。

その後、日に当たらないように乾してあげましょう。

濡れている可能性が高いので、壁などにあたると汚れるため注意してくださいね。

どうしても取れないチェスターコートのシワについて

スチームアイロンやお風呂の蒸気で取る方法を試しても無理な場合、個人で頑張るよりもクリーニングに出したほうが良いです。

大抵のシワについては上記の方法で取れますが、ガンコなシワについては取れない可能性もあります。

クリーニング代を出したくない・・・というのもわかりますが、大切なものである場合はお任せした方が確実です。

とはいえ、大抵のものはスチームアイロンやお風呂の蒸気で取れるので、よっぽどのシワの場合くらいかな・・・と思います。

↓難しいシワはプロにお任せ!

まとめ

冬の季節に大活躍するチェスターコート。

カジュアルにもビジネスにも使えて、超万能ですよね。

これから本格的に使う季節なので、シワが気になる方はぜひ上記の方法を試してみてくださいね。

スポンサーリンク