クリープハイプの【愛す】のMVを考察!世界観が独特過ぎて難しい!

広告
スポンサーリンク

クリープハイプの新曲【愛す】(ブス)がユーチューブでリリースされ、早くもファンからは待っていた!との声が多数!!

ところが、開始直後から情報量が多すぎて、曲どころではない・・・との声もあり、このMVの難しさが露見されました。

正直、僕も何度も見返しましたが、クリープパイプの愛すは難しすぎて、考察しても分かりませんが、できる限り頑張って紹介したいと思います。

AC部・・・ちょっと難解すぎるよ!

スポンサーリンク

クリープハイプの【愛す】のMVを考察!世界観が独特過ぎて難しい!

クリープパイプの愛すのMVを所見で見たときは、文字情報が多すぎて曲が入ってこず、僕と同じように理解できない方も多数いらっしゃいました。

チーズの話かと思っていましたが、最後まで見てもやっぱりチーズが出てくる・・・。

つまり、ストーリーはチーズと少女の繰り出す世界観となっています。

クリープハイプの愛すは恋愛の曲?

ヒロインの女子高生「ハイティーン」が、ビュオザ・ワルドという男子高校生に恋をするので、恋愛の曲かと思います。

男子高校生がサラリーマンにしか見えないですが・・・。

歌詞を見ると好きな人には好きと伝えたいけど、面と向かって言うのは恥ずかしくて・・・素直にいえなかったことを後悔するという、恋愛であるピュアな内容。

ただピュアな内容だけではなく、途中は財産目当てに好きな人と別れるハイティーンが描かれるなど、リアルな世界観も残しています。

最後は良い感じで終わるのですが、純愛ではないですね。

スポンサーリンク

世界観が難しい愛すのMVを考察!

恋愛の話ではありますが、世界観を見ると「チーズ」が中心にあり、これが世界中を狂わす原因になります。

ハイティーンは世界を守るために生物兵器「ネズミオン」に乗り、地底生物を次々に倒していきます。

が、この生物兵器「ネズミオン」に乗るためには、ペットの「チェダチュウ」に貴重なチーズを食べさせる難点があり。

敵を倒している間もハイティーンとビュオザ・ワルドはお互いに思いあっていたけれど、あまりにも忙しすぎたため願いは叶わず時間だけが過ぎていく。

現代の仕事で忙しすぎて会えない・・・という恋愛でよくあることを上手く表現しているなと思います。

そこに突如現われる大富豪「チーズ王」と出会い、結婚!!

お互いに好き同士でも、会えない時間が長くなると好きな気持ちは徐々に薄れて行き、疎遠になっていきますよね。

そんなときに、運命的な新しい恋が始まり、次のステップに進んでいく。

絵や歌詞が独特ですが、何度も見ると恋愛の要素がギュッと詰まっていて、感動すら覚えるようになります。

その後は順風満帆で過ごしていたハイティーンですが、チーズ王の事業が下降線になり、喧嘩が耐えなくなり遂に離婚!

過去の恋愛でもありますが、本気でスキだった人と別れた後、新しく付き合ってもなぜかその人の気持ちが残っていたりしますよね。

ケンカや年数が経ってから、ふと思い出すこともあります。

あの時、どうして別れたのか、どうしてこの人を選んだのかなど、色々と悩むことがありますよね。

ハイティーンは本当に好きだった人のことを思い出し、ビュオザ・ワルドは純粋にずっとハイティーンを待っている。

何度も見返すとクリープハイプの世界観の凄さに身震いを覚えます。

なんてステキな歌詞・曲なんだと!

この時点で僕の頭もおかしくなった気がしますがw

最終的には時間軸のねじれが戻り、二人はまた出会うのですが、ビュオザ・ワルドはおじいさんになっていました。

この後の展開がどうなるかは各々の想像となりますが、きっとまた元の恋愛になるのだと僕は考えています。

ここまで考えると、本当によくできたストーリーだなと涙が・・・。

クリープハイプの【愛す】のMVを考察!世界観が独特過ぎて難しい!まとめ

人気のクリープハイプですが、最新作【愛す(ブス)】を考察してみましたが、これは何度も聞いてみないと理解するのが難しいです。

PVの初めから文字情報が多すぎるのと、絵が独特すぎて曲や歌詞が頭に入ってこず、最初は「???」と感じる方が圧倒的に多いはず!

ですが、何度も繰り返し考察していくと、ステキな恋愛ソングになっており、凄すぎるという結果に。

歌詞がわざと当て字になっているので、恋愛ソングとして思いにくいですが、とてもステキな歌詞だとわかってきました。

正直、これほどまでに惹き込まれるMVは初めてです!

最後に、これはあくまでも僕の考察となりますので、興味がある方はぜひご自身で考察されてみてください♪

あ、12月12日(木)にフジテレビのめざましテレビにてクリープハイプの新曲「愛す」のMVが紹介されますよ!

では、まったね~

スポンサーリンク