黒川弘務検事長が賭けマージャンで辞意へ!?はめられたとの声も【週刊文春】

スポンサーリンク

黒川弘務検事長が賭けマージャンをしていたとして、週刊文春に大きく取り上げられました。

黒川検事といえば「検察庁法改正案」で話題となっている方で、ツイッターでは多くの芸能人なども批判されていたのはご存知だと思います。

今回は黒川弘務検事長が賭けマージャンで辞任理由について、時期的にはめられた可能性についてまとめてみました。

スポンサーリンク

黒川弘務検事長が賭けマージャンで辞任へ!?

5月21日現在では、まだ辞任であることは発表されていませんが、ニュースなどでは周囲に辞任の意向を固めていると報じられています。

今回問題となったのは、「接待賭けマージャン」をしていたのではないかとの疑惑が週刊文春から出ており、賭博についてはまだわかりませんが、マージャンをされていたことは事実のようです。

※5月22日に賭け麻雀であったことを認めたそうです。

その相手が朝日新聞・産経新聞の記者であることが分かっており、スクープしたのは週刊文春。

リュウ

ちょっときな臭い話ですよね・・・

ここまで数多くの実績を残された黒川弘務検事長。

学歴や経歴も素晴らしく、このような形での辞任は本意ではないでしょうね。

>>黒川弘務検事長の学歴や実績はこちら

黒川前東京高検検事長の賭け麻雀のレートは点ピン

今回は賭けマージャンであったため、当然ながらレートが設定されています。

現在報道されている情報では、「点ピン」、つまり1000点を100円で換算した賭博だったようです。

ただし、大の大人が、国のお偉いさんがこのような金額でするとは、ちょっと考えられないですよね。

スポンサーリンク

検察庁法改正案の時期にはめられたとの見方も多数

実はそれ以上に多くの声が寄せられているのが、黒川弘務検事長ははめられたのではないか・・・との声が多数上がっています。

時期的に考えると明らかに狙っているような意図もあり、今回の賭けマージャンは「朝日新聞記者」と「産経新聞記者」とされていることが分かっています。

なぜこの時期に、さらに言えば緊急事態宣言も出されていますから、タイミングが良過ぎると考えるのも無理はないのかもしれません。

ネットでは、

など、多くの方がはめられたのではないかとツイートをしていました。

中には林名古屋高検検事の話を出している方もおり、色んな疑惑が考えられています。

まとめ

ツイッターで【#検察庁法改正案に抗議します】から一躍話題になった黒川弘務検事長ですが、ここに来てまさかの賭けマージャン疑惑。

タイミングがタイミングなので、陰謀論がささやかれていますが、実際はどうなんでしょうかね?

仮に賭け事のないマージャンだったとしても、緊急事態宣言のときにされたことは問題ですけどね。

黒川弘務検事長の年収はいくらなのか?また辞職の場合に出る退職金はいくら? 黒川弘務東京高検検事長の経歴や学歴(高校・大学)についてまとめてみた!
スポンサーリンク