ネットカフェは新型コロナウイルスの危険性・リスクは高いのか?

スポンサーリンク

新型コロナウイルスが全国的に広がっており、東京や大阪では感染者数が右肩上がりに増えている状況です。

そのため、新学期や学校の再開が延期されているため、時間をもてあましている方もいるのではないでしょうか。

今回はネットカフェは新型コロナウイルスの危険性やリスクは高いのかについて、まとめてみました。

スポンサーリンク

ネットカフェは新型コロナウイルスの危険性・リスクは高いのか?

家にいても特にすることがなく、親とずっと一緒なのは「精神的に疲れる」「嫌だ」という方もいるかもしれません。

もちろん、大人の方もこれだけ不要不急の外出を毎週のように言われると、たまには息抜きしたくなりますよね。

ネットでは、

など、ネカフェに行かれている方や、家にいるのがしんどい方・家に帰りたくない方も多いようです。

ネットカフェはインターネットが使えるし、漫画やアニメ・雑誌・コミックもあるし、シャワーやドリンク飲み放題など、とても居心地が良いんですよね。

場所によっては卓球やビリヤード・ダーツとかもできるところがありますからね。

3つの密に当てはまるネカフェ

ただ、そんな快適空間のネカフェですが、東京都の小池都知事が上げた「3つの密」、つまり

密室空間
密集場所
密接場所

に当てはまります。

全てが当てはまるわけではありませんが、中でも密室空間(密室空間で換気が悪い)であり、飛まつ感染のリスクが高いです。

日本では確認されていませんが、海外ではエアロゾル感染(空気感染に近いもの)も指摘されています。

新型コロナウイルスに感染した方がネカフェにいた場合、くしゃみやせきをされた場合飛まつが飛び、その飛まつは3時間ほど浮遊しているのではないか、との説もあります。

また、仮にエアロゾル感染がないとしても、飛まつはパソコンやマウス・ディスプレイ・雑誌・コミック・DVD・扉・ドリンクサーバー・席などにも付着している可能性があります。

俗に言う接触感染ですね。

もちろん、客の利用時間が終わるたびに清掃されているので、お店は頑張っていられるんですが。

最近は同じ職場で勤怠が別にも関わらず新型肺炎に感染される方も出ており、ネカフェは感染するリスクが高いんですよね。

僕も新型コロナウイルスが出る前はよく行っていましたが、正直、換気のよかったネカフェはなかったです(僕が行ったところは)。

臭いは篭るし、そんな経験・・・ありますよね。

なので、いまネカフェに行くのは危険性やリスクが高く、ある程度治まるまでは行かない方が良いと思います。

最近では若い世代での重症化や死亡例も出てきており、簡単に考えるのはとても危険です。

大人も子供もリスクはあるので、できればネットカフェは控えたほうがいいです。

もちろん、新型コロナが終わったら存分にネットカフェで楽しみましょう!

スポンサーリンク

ネカフェは無理でも自宅で快適な動画配信サービスがおすすめ!

新型コロナウイルスはイタリアやスペインなどでは多くの方が亡くなっており、10代の方も亡くなっています。

日本国内でも重症化や死者が増えており、すでに3000人以上の方が新型肺炎の感染が確認されています。

日本で感染された方がインタビューなどをされていましたが、「インフルエンザの何倍もしんどい!」「もう感染したくない!」というくらい、とても辛いようです。

なので、今はできる限り感染しないように生活することが大切なので、自宅で動画配信を観るのはいかがでしょうか。

動画配信サービスにはいくつかの会社がありますが、僕がおすすめするのはU-NEXT無料トライアル

初回に登録すると600ポイントが貰えるので、このポイントを使えば最新作のアニメや映画を見ることができます。

【鬼滅の刃】なども見れますよ♪

でも、動画配信サービスを利用すると月額料金がかかるため、登録するのもな~・・・と思いますよね。

安心してください!

U-NEXTの月額料金は1,990円(税抜)かかるのですが、初回は31日間無料トライアルがあるんです!

この期間に気に入らなければ解約すればいいので、安心して登録することができます。

もちろん、解約金などは請求されないので、お金もかからないので大丈夫ですよ♪

ユーネクストは、

・動画見放題14万本
・書籍・ラノベ・漫画52万冊以上
・雑誌読み放題70誌以上

新型コロナウイルスに感染する危険性を避けたい方は、31日間の無料トライアルを利用されてみてはいかがでしょうか。

>>U-NEXT 31日間無料トライアルはこちら

スポンサーリンク