富山県で初めての新型コロナ感染!京都産業大学の卒業祝賀会に参加した20代女性の入院先はどこ?

スポンサーリンク

3月30日に富山県富山市で新型コロナウイルスの感染が確認されたと報道されました。

富山県での新型肺炎は初で、感染されたのは20代の女性です。

この女性はクラスターが指摘されている京都産業大学の卒業祝賀会に参加していたそうで、そこで感染したのではないかと考えられています。

今回は初めて感染が確認された20代の女性について、入院先はどこなのか、行動などについて調べてみました。

スポンサーリンク

富山県で初めての新型コロナ感染!京都産業大学の卒業祝賀会に参加した20代女性

京都産業大学は、3月に卒業旅行でヨーロッパに行かれた男子大学生が新型コロナウイルスに感染が発覚し、そこから祝賀会などで感染が相次いでいます。

その祝賀会に参加されたのが、富山県で初めて新型コロナウイルスに感染された20代女性の方です。

この報道にネットでは、

などの不安の声が多くツイートされていました。

今回のケースでは、クラスターが指摘されている京都産業大学の卒業祝賀会に参加して発症しているため、他の参加者の感染も心配されます。

女性の行動

詳しい情報が入っていませんが、わかっているのは20代の女性ということ。

3月21日の京都産業大学の卒業祝賀会に参加し、京都市が29日に濃厚接触者だと富山市に調査を依頼。

30日にPCR検査の結果「陽性」だと判明。

スポンサーリンク

入院先はどこか?

北日本新聞社「webun」の情報によると、この20代女性は感染症指定医療機関で入院していると書かれています。

富山県の感染症指定医療機関は8つあり

富山県立中央病院
黒部市民病院
独立行政法人国立病院機構 富山病院
富山市民病院
射水市民病院
高岡市民病院
金沢医科大学氷見市民病院
市立砺波総合病院

このどこかの感染症指定医療機関(第一種・第二種)に入院されています。

まとめ

今回、初めて富山県で新型肺炎の感染が確認されました。

20代女性は京都産業大学の卒業祝賀会で感染した可能性が高いとされています。

感染が報告された男子大学生は、卒業旅行でヨーロッパに行き、そこで新型コロナウイルスに感染し、これほどことが大きくなるとは思わなかったでしょうね。

3月には入ってヨーロッパに行かれた方が次々と感染が確認されており、自粛してくれていたら・・・と思いますね。

スポンサーリンク