THE MANZAI2019アンタッチャブルのネタはつまらない?復活も酷評の声!?

広告
スポンサーリンク

2019年12月8日に放送されたフジテレビの「THE MANZAI2019」で、アンタッチャブルが復活!!

少し前に全力脱力タイムズ(2019年11月29日)で復活しましたが、ここでは過去の作品の披露であったため、THE MANZAI2019新作にかなり期待されていました。

ところがアンタッチャブルのネタはつまらないとの声もあり、復活した漫才に何が面白くなかったのかを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アンタッチャブルのネタはつまらない?THE MANZAI2019で復活も酷評!?

アンタッチャブルはザキヤマ(山崎)さんと柴田さんのコンビで漫才をされていましたが、2010年に柴田さんの女性問題で活動休止へ。

9年のときを経て復活し、今回のTHE MANZAI2019で新作を引っさげて登場されました。

ところが、9年と言う期間に加え、復活してからの期間が短かったためか、少しちぐはぐした点も見られました。

そこがもしかするとつまらないと感じた方がいたのかもしれませんね。

また、漫才ネタが昔からうるさい感じなので、ちょっと耳障りに感じる方もいるようです。

特にネット上では柴田さんが面白くない原因という声もあります。

過去に松本仁志がアンタッチャブル山崎に面白くないとの本音も

ダウンタウンの松本仁志さんが、過去にアンタッチャブルの山崎さんに、「1回も面白かったことがない」と言い放つように、ネットやテレビで見た人も同じように感じられた方も多かったのかもしれませんね。

そもそも、ダウンタウンとアンタッチャブルでは漫才のスタイルが違うので、というかむしろ逆なので、つまらないと言うのも理解できないこともないです。

アンタッチャブルは、芸風が大声系で叫ぶことが多いので、ちょっとうるさい!とカンに触る方もいると思います。

テレビでザキヤマがうるさいな・・・と感じた方は多いと思いますので、今回のTHE MANZAI2019でつまらないと感じた方は、芸風がそもそも好きではないのかもしれません。

面白くない方は、THE MANZAI2019では審査員の評価が高く「なぜ?」と疑問にもたれたかもしれません。

ですが、漫才の面白さは人によって変わるので、一概にも批評ができないのが難しいところです。

スポンサーリンク

アンタッチャブルがTHE MANZAI2019でしたネタ

アンタッチャブルがTHE MANZAI2019で披露したのは神対応のネタでした。

ベーコンの例えとか斬新で面白かったですし、ザキヤマの暴走は相変わらずでしたねw

まったく相方の言うことを聞かないとか。

今回ツイートも確認してみましたが、多くの方は面白かった!ではなく「復活おめでとう!」という声が多く、これからに期待している感じでした。

アンタッチャブルのネタはつまらない?THE MANZAI2019で復活も酷評!?まとめ

柴田さんの過去の過ちで休業状態でしたが、全力脱力タイムズにて見事復活し、THE MANZAI2019で新作をもって登場したアンタッチャブル。

世間での期待度も非常に高く、昔からファンだった方にはたまらないサプライズだったと思います。

漫才仲間からは祝福の声が多かったですよね♪

今回でコンビが復活したので、これからは漫才やコントなどでアンタッチャブルが見られるので、世間にどう思われても頑張って欲しいですね。

引き続き、こちらも合わせてどうぞ。
THE MANZAI2019サンドウィッチマン
THE MANZAI2019ノンスタイル
インディアンス
トロサーモン

では、まったね~

スポンサーリンク