100日後に死ぬワニが最終話後すぐ映画化・書籍化発表で批判の声!冷めたとの声も!

スポンサーリンク

100日後に死ぬワニが、本日3月20日に最終回を迎え、ワニくんはタイトルの通り、亡くなってしまいました。

この100日目の話に涙した方も多かったと思います。

ところが、そのすぐ後に「書籍化」「映画化」「グッズ販売」の決定を発表し、さらにはポップで「追悼POP UP SHOP」なども告知されました。

いきものがかりの曲とのコラボMVも公開されてましたしね。

あまりにも早いタイミングに冷めた・ガッカリしたファンの方も多かったようです。

スポンサーリンク

100日後に死ぬワニが最終話後すぐ映画化・書籍化発表で批判の声!冷めたとの声も!

今回、色々と考えさせられた最終回でしたが、その後にすぐ書籍化や映画化などが告知されたため、お金儲けのにおいを感じる人が多かったようです。

一番アクセスがあるときですから、このタイミングでの告知は上手いと思いますが、今まで読んできた方からすると冷めたりガッカリだったかもしれませんね。

ネットでは、


など、最終話が終わってすぐに告知されたことに不満をもたれているようでした。

とはいえ、全ての方が否定的ではなく、あくまでもビジネスでもあるので、

との声もありました。

批判の声は余韻に浸るまもなく商売にしたため?

ツイッターで批判の声が見かけられますが、多くの方は商売に批判しているというよりも、死んですぐに書籍化・映画化・グッズ販売などを発表したことが原因だと思われます。

最後のストーリーに余韻に浸る時間、後日の告知であればここまで批判されなかったと思います。

もちろん、僕も娯楽でやっているわけではないので、書籍化や映画化は賛成です。

ですが、やはりタイミングがあると思いますので、ファンとしてはもう少し余韻に浸りたかったなと思いました。

スポンサーリンク

まとめ

100日後に死ぬワニは、ツイッターで非常に話題となり、多くのメディアで取り上げられました。

最終回となる今回はテレビなどでも取り上げられるほど注目され、今まで知らなかった方も読まれたと思います。

なので、早い段階での書籍化や映画化は大事だとは思いますが、もう少しタイミングが後だったらなとは個人的に思いました。

それでもこれだけ色々と考えさせられる作品はなかなかないので、映画化には特に注目したいですね♪

きくちゆうきさん、100日間お疲れ様でした。

今後の活躍も期待しています!

では、まったね~

スポンサーリンク