茨城県の新型コロナ感染者3名は旅行などの渡航歴!20代男性は非公開でバッシングも!

スポンサーリンク

茨城県では3月19日現在で3名の感染者が確認されています。

そのうち、2名は旅行から帰国後に新型コロナウイルス感染が確認されています。

茨城県で最初に新型肺炎に感染された30代男性は仕事で出張と仕方がありませんが、2名については「この時期に旅行!?」との声が多く見られました。

スポンサーリンク

茨城県の新型コロナ感染者3名は旅行などの渡航歴などまとめ

茨城県で新型コロナウイルスに感染された方についてですが、

年齢 住まい 目的
30代男性 ひたちなか市 仕事
20代男性 つくば市 欧州旅行
50代男性 阿見町 タイ旅行

と発表されています(20代男性に関しては本人の強い希望を理由に、当初は男性の居住地などの情報が非公表でしたが、公表されたようです)。

なお、3例目の男性についてはヤフーニュースなどでは年齢・性別など公表は明らかにしていないとされていますが、茨城新聞クロスアイでは詳細が書かれていました。

ネットでは20代男性・50代男性がこの時期に旅行に行ったとあり、

など、非常に厳しい意見が多く見られました。

3人の新柄コロナ感染までの行動など

3人の行動から発症までをまとめました。

30代会社員男性

1人目の30代男性ですが、日立製作所水戸事業所の社員で、2月にイタリア「トスカーナ州」に出張され、2月28日に帰国しています。

その後、3月5日に37度台の発熱を発症しましたが、翌日以降は36度台に。

ところが、12日に再び37度台が続き、ひたちなか保健所の帰国者・接触外来を受診(3月16日)し、新型コロナと発覚しました。

20代大学生の男性

この20代の男子大学生に関しては、当初は大井川知事が「本人がどうしても嫌だと言っている」と、本人の強い希望を理由に、男性の居住地などの情報が非公表となっていましたが、その後、公表されました。

つくば市に住む大学生は、同行者1人と一緒に3月上旬に欧州(スペイン・ベルギー・フランス)への旅行をしています。

旅行中の3月14日から発熱やのどの痛みなどがありましたが16日に帰国。

翌日17日に保健所に連絡し、帰国者・接触者外来を受診し、18日にPCR検査した結果「陽性」と判明。

移動には親の自家用車を利用して移動したようです。

現在、症状は安定しているとのことですが、感染症指定医療機関で入院中。

50代会社員男性

阿見町に住む50代男性は、3月7日よりタイへ旅行。

同15日に帰国しましたが、帰国前から寒気などを感じ、帰国日には40度の熱があったようです。

成田空港から自家用車で帰宅し、自宅近くの医療機関で受診したあと、別の医療機関で帰国者・接触者外来を受診。

同18日にPCR検査をした結果「陽性」であることが確認されました。

こちらの男性に関しては熱・せき・頭痛・倦怠感などがあり、現在は重症とのことで、感染症指定医療機関で入院されているとのことです。

スポンサーリンク

茨城県の入院先はどこか?

茨城県の感染症指定医療機関は

JAとりで総合医療センター
水戸赤十字病院
茨城県立中央病院
株式会社日立製作所 日立総合病院
株式会社日立製作所ひたちなか総合病院
独立行政法人国立病院機構 茨城東病院
社会福祉法人恩賜財団済生会支部茨城県済生会 常陸大宮済生会病院
公益財団法人 鹿島病院
総合病院土浦協同病院
公益財団法人筑波メディカルセンター 筑波メディカルセンター病院
一般財団法人筑波麓仁会 筑波学園病院
古河赤十字病院
茨城西南医療センター病院

あり、このどこかが入院先となります。

まとめ

茨城県で新型コロナウイルスに感染確認された方は、いずれも海外での渡航歴がありました。

国内でも新型肺炎は増え続けていますが、海外でもかなり増え続けており、特にイタリアやスイスなどではかなりの感染者数が報告されています。

この時期に旅行されるのは非常にリスクが高いので、極力今回の新型コロナがおさまるまでは控えた方が良いと思います。

スポンサーリンク