田嶋幸三会長が新型コロナウイルスに感染!どこで感染したのか?【日本サッカー協会】

スポンサーリンク

日本サッカー協会の田嶋幸三会長が新型コロナウイルスに感染したと3月17日に報じられました。

田嶋幸三会長といえば、国際サッカー連盟(FIFA)理事や日本オリンピック委員会(JOC)副会長など、重要な役職を務めています。

今回、田嶋幸三会長が新型肺炎に感染しましたが、どこで感染したのでしょうか?

スポンサーリンク

田嶋幸三会長が新型コロナウイルスに感染!どこで感染したのか?

田嶋幸三会長は日本サッカー協会で重要な職務のため、国内外に飛び回る必要があります。

そのため、今回も忙しく海外へ飛び回っていたそうです。

今回の報道では2月下旬から3月上旬にかけて、試合の視察や女子ワールドカップの招致活動のため、イギリスやオランダ・アメリカを渡航した模様。

3月上旬までの渡航とあるため、海外での感染なのかは不明ですが、イギリスでは3月13日の報道で国内での新型コロナ感染者は1140人と報道されており、オランダでも3月15日までに1135人が感染いたことが分かっています。

また、アメリカでも3月15日現在で新型肺炎の感染者数は3000人近くに達したとされており、もはやどこで感染したのかは難しいです。

国内でも3月17日までに800人以上の感染が報告されており、海外で感染したのか、それとも国内なのかは分かりません。

ニュースなどでも「どこか」は書かれていません。

なでしこジャパンのメンバーも心配?

田嶋幸三会長は、5日に米国遠征She Believes Cupの日本代表対スペイン女子代表戦の試合を視察されています。

とあるように、この試合では観客もいて行われており、選手たちの心配をされる方も多かったです。

また、田嶋幸三会長が選手と接触していれば、なでしこジャパンの選手も感染の恐れがありますが、男子日本代表の「森保一」監督、なでしこ「高倉麻子」監督などのサッカー協会の会議には出席しているため、ここからの感染も懸念されています。

スポンサーリンク

まとめ

国内外のスポーツ界でも新型コロナの感染が確認され始めており、競技を続けることが困難な事態になってきました。

男子サッカーでは「ダニエレ・ルガーニ」選手、「カラム・ハドソン・オドイ」選手などに新型肺炎が確認されています。

今回の新型コロナは非常に感染力が強いため、クラスターが形成される可能性もあり、スポーツ界もかなり厳しい年になりそうです。

スポンサーリンク