こども園「聖ニコラス天使園」で保育士が新型コロナ感染!集団感染の恐れ【兵庫県神戸市東灘区】

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの感染が3月11日現在で581人と発表されており、国内での感染者数も日に日に増えています。

今回は兵庫県神戸市東灘区にあるこども園「聖ニコラス天使園」で、50代の保育士の感染が明らかになっていましたが、さらに3人の方の新型肺炎が確認されました。

そのためクラスター感染(集団感染)が発生した疑いが濃厚だと言われています。

スポンサーリンク

こども園「聖ニコラス天使園」で保育士が新型コロナ感染!集団感染の恐れ【兵庫県神戸市東灘区】

聖ニコラス天使園では、3月9日に園長である50代女性の新型コロナウイルスの確認が発表されていましたが、3月11日に同園で働く3名(保育士2名・事務1名)などの感染確認が発表されました。

保育士は20代・60代の方、事務は30代の方のようです。

このほか、発熱などの症状を訴える職員や園児が複数いるとのことで、クラスター感染が形成されたのではないかと報道されています。

現在「聖ニコラス天使園」は10日より臨時休園になっています。

再開のめどは2週間後とされていましたが、今回新たに感染が広がったことで、少し難しいかもしれませんね。

聖ニコラス天使園で濃厚接触の疑い

聖ニコラズ天使園ですが、園児が106人・職員49人いると発表されています。

50代の女性は直接園児を教えるクラスを持っていませんでしたが、園児との接触もあるため、感染者と接触した園児らの検査をするとしています。

報道などによると今現在(3月11日)は園長との接触が報道されていますが、新たに感染が発覚した3名、特に2名は保育士さんなのでクラスを担当されていると思うので、全員が検査対象になるのではないかと考察します。

3月11日の時点では子供の感染は確認されていませんが、発熱などの症状を訴える園児が複数いるとのことで、感染の疑いがあります。

スポンサーリンク

50代の園長の行動

50代の園長ですが、3月3日から発熱などの症状があり、7日にマスクをつけて勤務。

ところが3月9日にPCR検査の結果「陽性」だと判明し、現在は市内の病院に入院しています。

症状は軽いそうです。

園長の入院先はどこ?

園長先生は市内の病院で入院していることが発表されています。

新型肺炎は国で感染症に指定されているため、兵庫県での感染症指定医療機関は13ほどあり、

神戸市立医療センター中央市民病院
神戸市立西神戸医療センター
兵庫県立尼崎総合医療センター
医療法人喜望会 谷向病院
独立行政法人国立病院機構 兵庫中央病院
兵庫県立加古川医療センター
市立加西病院
姫路赤十字病院
赤穂市民病院
医療法人千水会 赤穂仁泉病院
公立豊岡病院組合立 豊岡病院
公立八鹿病院
兵庫県立淡路医療センター

の中で市内にあるどこかの病院となります。

病院名は発表されていません。

こども園「聖ニコラス天使園」の場所・情報

「聖ニコラス天使園」は、神戸市の認定こども園であり、多くの園児を預かっていました。

2月現在の園児の数は106人。

【住所】
兵庫県神戸市東灘区北青木4丁目1-37

【アクセス】
阪神本線 青木駅から徒歩で4分
JR神戸線(大阪〜神戸) 摂津本山駅から徒歩で14分
阪神本線 深江駅から徒歩で13分

まとめ

「聖ニコラス天使園」に通われている親御さんはとても心配になると思いますが、現時点では園児の感染は報告されていません。

ただし、発熱などの症状を訴えている職員や園児が複数いるとのことで、今後増える可能性もあります。

これ以上の新型コロナウイルスの感染者が出ないように、また感染が確認された保育士・事務の方が早く良くなりますよう願います。

スポンサーリンク