山梨県で20代男性会社員が新型コロナウイルス感染に加え髄膜炎も!【南アルプス市と昭和町を主な生活圏】

スポンサーリンク

山梨県で新たに20代男性会社員が新型コロナウイルスに感染したと報道されました。

この男性は意識障害があり重症とのことで、長崎知事は「南アルプス市と昭和町を主な生活圏」にしていることを発表しています。

また、この男性の髄膜炎も発症しているとのことです。

当初、若い人は感染しても重症化しにくいとの報道がありましたが、20代で重症になられている方もいるため、若いからと過信しないように注意してください。

スポンサーリンク

山梨県で20代男性会社員が新型コロナウイルス感染に加え髄膜炎も!

今回、山梨県で新型肺炎に感染された方ですが、この肺炎が原因で髄膜炎も発症した可能性が高いと指摘されています。

これは山梨大学医学部付属病院が7日に会見をした際、島田眞路学長が、

髄膜炎の原因が新型コロナウイルスである可能性が極めて高いと考えている。新型コロナウイルスで髄膜炎を発症することは極めてまれで大変重要な症例だ

とコメントされています。

新型コロナウイルスで髄膜炎を発症するのは初であり、事実であればかなり怖いですね。

今回の報道に対してネットでは

などのツイートがありました。

「若いから大丈夫」と外出される方を見かけますが、時期が時期なだけに、できれば外出を控えてるようにして欲しいですね。

男性の行動

男性は一人暮らしのようで、先月29日から仕事を休んでおり、会社の同僚が連絡を取れないことを不審に思い、3月6日に家族と警察が男性の自宅を訪れたところ、部屋の中で倒れていたのを見つけたようです。

この20代会社員の男性ですが、2月27日に38.5度の発熱や頭痛・倦怠感があり、2月28日に医療機関Aを受診し、3月2日にも別の医療機関Bを受診しています。

ところが、なぜか新型コロナウイルスの検査は行われていません。

その後、3月6日に倒れているところを発見され、中央市の山梨大学医学部付属病院に搬送され、PCR検査をした結果、陽性であることが判明しました。

HNKニュースによると、県のウイルス検査では陰性で、病院の2度の検査ではどちらも陽性と判明しているとのこと。

県のウイルス検査はいつ行われたのか気になりますね。

現在は意識障害があり重症とのことです。

早く良くなってくれることを願います。

スポンサーリンク

入院先はどこか?

入院先はどこかについてですが、今回は発表された中で「入院している中央市の山梨大学医学部付属病院でPCR検査した結果」とありますので、中央市の山梨大学医学部付属病院だと思います。

山梨大学医学部付属病院の島田眞路学長が会見を開いているので。

まとめ

今回山梨県で新型コロナウイルスが確認された男性会社員は20代と若く、国内では初めてコロナで髄膜炎を発症した可能性があると指摘されています。

一人暮らしで発見が遅かったこともありますが、なぜ医療機関A・Bで新型肺炎の検査をしなかったのかがわかりません。

他府県でも出ていますが、医師の判断なのか保健所がNGを出しているのか知りませんが、気軽に検査できるように早急にしてほしいですね!

スポンサーリンク