家庭用塩素系漂白剤を使った消毒液の作り方【動画】!アルコール除菌の代用

スポンサーリンク

日本全国でアルコール消毒液(手ピカジェルなど)が売り切れており、新型コロナウイルスの予防に使うことができません。

ネット通販で手ピカジェルなどは通常価格の10倍以上で販売されているものもあり、代用としたエタノールなども転売ヤーが儲けのために売っているものが多く見受けられます。

新型肺炎の影響でアルコール系の除菌グッズが品薄状態が続いており、手に入らない方も多いようです。

そこで除菌としてオススメされているのが、家庭用塩素系漂白剤で消毒する方法(手や皮膚の除菌ではないです)です。

スポンサーリンク

家庭用塩素系漂白剤で作り方【動画】!

専門家などが人が触るところ(ドアノブ・スイッチ・蛇口・便座など)は消毒した方が良いと言っています。

ですが、アルコールが入った消毒系(手ピカジェル・アルコール除菌シート)などは品切れの場合があるため、その代用として市販の家庭用塩素系漂白剤がオススメされています。

主成分となる「次亜塩素酸ナトリウム」が強力な抗ウイルス効果を持っているようで、アルコールと同等の効果を出すと「あさちゃん!」では放送されていました。

ただし、アルコールではないので、手や皮膚の消毒には使わないこと!

あくまでも共用部分などの消毒に使ってください。

この市販の家庭用塩素系漂白剤の作り方は、厚生労働省のHPでも紹介されています。

こちらを使って作ります。

0.05%の次亜塩素酸ナトリウム(薄めた漂白剤)で拭いた後、水拭きするか、アルコールで拭きましょう。

と書かれています。

市販されている家庭用塩素系漂白剤はキッチンハイターとかカビキラーですね。

シャボン玉などの酸素系漂白剤ではありませんので、注意してください。

用意するものは

用意するもの
水(ペットボトルに入った) 500cc
ペットボトルのキャップ 1個
家庭用塩素系漂白剤 1本

となります。

この水500ccに対して、家庭用塩素系漂白剤をペットボトルのキャップ一杯よりも少し少なめに入れます。

これで完成です!

目安の濃度は0.05%

テレビでは製品の裏に書いているといっていましたが、僕が持っている家庭用塩素系漂白剤には濃度がかかれていませんでした・・・

製品によっては濃度が違うため、製品濃度が6%の場合、水3リットルに対して25ミリリットルが目安となります。

濃度によっての割合などは厚生労働省のHPでご確認ください。

動画では手の消毒をされていましたが、厚生労働省や専門家は手の消毒には推奨されていませんので利用しないでくださいね。

自宅で作る家庭用塩素系漂白剤の注意事項

製品のよって濃度が違うため注意が必要。

何日も使えるものではなく、できたらその日のうちに使い切ることを目安にしてください。

金属に使うと錆びることがあるので、二度拭きするように。

また、漂白剤が含まれているため、脱色する点にも注意が必要です。

塩素を使うので部屋の喚起はしっかりとしてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

アルコール除菌シート・ウェットティッシュも売り切れていることがあり、なかなか手に入りにくいです。

ここ数日色んなものが店頭からなくなっていますが、新型コロナウイルス(肺炎)が広がっているので、しばらくは続きそうです。

店頭などでなくなってしまった場合、何かで代用できることもあるので、何か有益な情報が入りましたら紹介したいと思います。

スポンサーリンク