山口県で初めて新型コロナウイルスの感染が確認!下関市に住む40代男性会社員の入院先はどこ?

スポンサーリンク

山口県でも本日初めて新型コロナウイルスの感染が確認されました。

感染が確認されたのは山口県下関市に住む40代男性会社員(営業職)です。

国内ではクルーズ船を含めると1,000人を超えており、毎日のように感染確認が報告されています。

今回は中国地方で初めて新型肺炎が確認された、40代会社員男性についてまとめてみました。

スポンサーリンク

山口県下関市の40代男性が新型コロナウイルスに感染!

ここ毎日連日のように感染者が報告されており、いつ元の日常に戻れるのかと考えてしまいます。

ニュース速報で山口県での感染が流れ、現在山口市滝町の県庁で村岡嗣政知事が会見しています。

山口県でも新型コロナが出たことにネットでは、

などのツイートがありました。

男性の行動・情報など

感染が確認された男性ですが、海外への渡航歴はないようです。

この男性は2月23日に発熱を出し、25日に病院を受診。

しかし症状が改善されず、3月2日にはせきやたんも出たため、県内の医療機関に入院し、3月3日の深夜に感染の疑いがあり、PCR検査の結果陽性反応が確認されました。

男性は営業職のため、2月12日と14日に県外である「大分県」に出張、15日から21日は帰省や出張のため「福岡県」「大分県」「熊本県」を訪れています。

また、同僚が車で同行している日もあったようです。

スポンサーリンク

入院先はどこなのか

新型肺炎は国がしていしている感染症であるため、現在は国が指定している感染症指定医療機関での入院となります。

感染者の数が増えると、一般の病院での対応になるかもしれないそうですが、現時点では

感染症指定医療機関(第一種・第二種)
山口県立総合医療センター
独立行政法人地域医療機能推進機構 徳山中央病院
地方独立行政法人下関市立市民病院
山口県厚生農業協同組合連合会 長門総合病院
独立行政法人国立病院機構 山口宇部医療センター

があり、この5つの病院が入院先になると思います。

県内の医療機関とのことで、どこで入院しているのかは報告されていません。

まとめ

2020年3月4日に山口県でも初めて新型コロナウイルスの感染が確認されました。

容態は安定しているとのことで安心しました。

モーニングショーなどで「コロナ疎開」などが報道されていますが、すでにどこで感染するのか分からない状況だけに、必ずしも安全とはいえません。

新しい病気なだけに分かってないことが多く、厚生労働省などが推奨する手洗い・うがいを徹底して予防を意識しましょう。

スポンサーリンク