新型コロナウイルスが岐阜でも確認!感染前の行動や病院先はどこ?

スポンサーリンク

もはや毎日新しい地域で新型コロナウイルスの感染が報告され、恐怖しかありません。

今日新たに岐阜県でも50代の男性が新型肺炎が報告されました。

全世界ですでに8万人以上の方が感染され、大阪ではバスガイドの再感染も確認されました。

スポンサーリンク

新型コロナウイルスが岐阜でも確認!

岐阜県は今までは一度も新型コロナウイルスの感染が確認されませんでしたが、2月26日に初めて感染確認が報告されました。

感染されたのは50代の男性で、現在は重症だそうで、同居する家族1人にも微熱があると報じられました。

男性が住んでいるのはどこか?

この50代男性が住んでいるのは岐阜県の大垣市だと発表されています。

色々と情報は錯乱していますが、大垣市です。

なお、この男性の方は重症で入院しているそうで、隔離入院されているらしいです。

専門家などの話では重症になることは少ないとされていますが、日本国内では重症が多いと思うのは僕だけでしょうか。

凄く怖いです・・・

スポンサーリンク

男性の行動は?

男性は2週間以内での海外への渡航歴はなく、感染者との濃厚接触はないと報じられています。

入院までの行動ですが、

2月14日に発熱
2月21日に激しい頭痛のため、救急車で病院へ
2月26日にPCR検査で新型コロナ感染

となっています。

発熱後に17日~19日に岐阜市内に勤務し、通勤としてJR東海道線(大垣―岐阜)を利用しています。

発熱から病院への時間が1週間あるため、もっと早く病院へ行っていれば・・・と思いますが、初期は風邪との判断が難しく、病院でもPCR検査してくれない可能性も高いですからね。

一刻も早い回復を祈っています。

入院先の病院はどこか?

岐阜県で国が感染症指定医療機関が7つあり、

岐阜赤十字病院
大垣市民病院
岐阜県厚生農業協同組合連合会 中濃厚生病院
岐阜県立多治見病院
岐阜県厚生農業協同組合連合会 飛騨医療センター 久美愛厚生病院
立行政法人国立病院機構 長良医療センター
県北西部地域医療センター 国保白鳥病院

新型コロナウイルスは感染症指定なので、上記のどこかで入院されています。

まとめ

すでに19の都道府県(岐阜含む)で新型肺炎が確認され、全国的に感染者が拡大しています。

その感染経路についてはイベントやジムなどがありますが、発症者が参加していたというだけで、そこで感染したという確定情報はありません。

これだけ感染が広がると、もう予防だけで対処できないのではないかと思ってしまいますが、何もしないよりはましだし、少しでも感染率が下がるのであればするべきです。

睡眠と食事をしっかりと取り、免疫力を高めながら人ごみはできる限り避けて過ごしてください。

本来であれば、外出せずに自宅で仕事などができれば良いのですが、なかなか対応している企業は少ないですからね・・・

スポンサーリンク