熊本県の20代女性看護師はどこで感染したのか?熊本城マラソン2020での可能性!?

スポンサーリンク

熊本県で初めて新型コロナウイルスに感染した20代女性看護師ですが、そもそもどこで感染したのでしょうか?

熊本県ではまだ発症を確認されていませんでしたからね。

潜伏期間を含めるとあくまでも可能性でしかありませんが、NHKニュースで報道された情報を元に考察したいと思います。

スポンサーリンク

熊本県の女性看護師はどこで感染したのか?

女性看護師は熊本市内に住んでおり、熊本市中央区の「熊本託麻台リハビリテーション病院」に勤務しています。

ですが、この「熊本託麻台リハビリテーション病院」での感染は報道されていませんので、ここで感染したのではない模様。

熊本城マラソン2020での感染の可能性!?

どうやら女性看護師の方は、発症した前日(2月16日)に熊本市で開かれた「熊本城マラソン2020」の応援に同僚らと行ったようです。

詳しい情報が入ってきたのでもう少し詳しく書くと、マラソンに出場する6人の同僚を車で送り、昼食には同僚2人と中央区桜町で食べたようです。

その同僚と熊本城二の丸広場で応援。

当日には1万4000人のランナーが走っており、観戦された方を含めると倍以上の人数になると思います。

大会の方ではコロナ対策としてランナーにもマスクを配布していたようですが、熊本日日新聞社の画像を見ると、マスクを着けている人は少ないような・・・。

この時期にこれだけの人数が集まれば、感染の可能性も考えられますよね。

応援後には熊本市内でマラソンを走った6人を含む10人と夕食をしたようですが、こちらはどこで食べたのかは報道されていません。

潜伏期間から考えると1日での発症は早いよう気がしますが、潜伏期間は14日間取られているので、可能性はなくはないですが・・・。

なお、同僚の方は全員自宅待機を命じられているため、外出はしておりませんが、その中の1人の方が発熱があるそうです。

となると、やはり熊本城マラソン2020での感染、もしくは夕食の場所が考えられますね。

スポンサーリンク

まとめ

初期の新型コロナウイルスの状況とはもう変わっているため、どこで感染したのかを見つけるのは非常に困難です。

東京で新型肺炎になったかも、北海道に旅行に行って帰ってから発症などもありますので、場所がどこなのかの特定は厳しそうです。

あくまでもの仮定の話になるため、今現在は自身が感染しないように、手洗い・うがい・アルコール除菌・マスクなど、予防に努めましょう。

スポンサーリンク