小学3年生で世界チャンピオンのむかいざとまなと君!沖縄県与那国島の釣りの世界記録保持者

スポンサーリンク

2020年2月22日放送「サンドウィッチマン&芦田愛菜ちゃん 子供博士の明日使える!爆笑!最強授業」で、沖縄県の与那国島が紹介されました。

太鼓の達人が得意な「まじゃかいり」君、軟体で柔らかい「ありさきはらしょうえい」君など、すごい子を何人も紹介されました。

中でもしゅうすけ君が歌っていた「冬の日本海は意外とサーファーが多い」はインパクトがあって面白かったですよね♪

ここでは、釣りの世界記録を保持している世界チャンピオン「むかいざとまなと」君を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

小学3年生で釣りの世界記録保持者の「むかいざとまなと」君

町内では有名らしく、ロッチの中岡さんがインタビューしていましたが、女の子から意地悪と言われていたのは照れ隠しとかかな。

さて、この沖縄県与那国島では有名な子らしく、なんと小学3年生で世界チャンピオンになっています。

これは釣りの世界記録保持者(16歳以下の部門)で、44キロのカンパチを吊り上げたそうでです!!

むかいざとまなと君よりも大きく、写真を見ただけでもデカイ!!

これを小学生が釣るのは凄いですよね!

地元の漁師さんからも絶賛されており、今後も記録が出るのか注目です。

むかいざとまなと君のプロフィール

あまく詳しくは紹介されなかったため、箇条書き程度にはなりますが、むかいざとまなと君が釣りをやり始めたのが3歳のときだそうです。

与那国島はカジキ釣りの国際大会が開催されるほど、漁場だそうです。

ここで育てば確かに魚に興味を持ちそうですよね。

まなと君は学校が終わるとほぼ毎日ここで釣りをするほどハマっており、今回の世界記録を叩き出しました。

スポンサーリンク

まとめ

今回は日本最西端の与那国島の博士ちゃんが紹介されました。

個性のある凄い子がたくさんいましたが、みんな良い子でしたね。

ネットでは「冬の日本海は意外とサーファーが多い」がトレンド入りするなど、早くも話題となっています。

その中でも釣りの世界チャンピオンのむかいざとまなと君ですが、今後さらに世界記録を出すのかにも注目したいですね!

では、まったね~

スポンサーリンク