キッチン用アルコール除菌スプレーで手の殺菌はできるのか?

広告
スポンサーリンク

新型コロナウイルスの予防としてアルコール除菌薬が有効とされていますが、薬局やドラッグストアにいっても売っておらず、メルカリなどでは転売価格で恐ろしく高い!

けれでも、都内や大阪・沖縄・北海道など、全国的に広がりを見せているため、できれば手に入れたいですよね。

今回はキッチン用アルコール除菌スプレーで手の殺菌はできるのかについてまとめてみました。

スポンサーリンク

キッチン用アルコール除菌スプレーで手の殺菌はできるのか?

薬局やドラッグストア・コンビにでは、すでにアルコール除菌薬(手ピカジェル)などは売り切れており、どこのに行っても見つかりません。

代用として家庭で作れるアルコール消毒液の作り方を紹介中なので、手に入らない方はぜひ読んでみてください。

手を除菌するアルコール消毒液の作り方!自宅で作れる新型コロナウイルス予防【動画】

ところが、ドラッグストアや薬局では「キッチン用アルコール除菌スプレー」に、手を洗っても大丈夫だと紹介しているところが増えました。

僕もドラッグストアで確認済み。

同じ手を洗えるならアルコールも入っているし、手ピカジェルを使う必要がないんじゃない?と思われる方も入ると思いますが、実は効果が違います!

消毒用アルコール除菌薬とキッチン用アルコール除菌スプレーの違い

どちらも同じアルコールが含まれていますが、効果が違います。

というのも、新型コロナウイルス(新型肺炎)の手の除菌には、アルコール度数70%以上が必要となります。

消毒用アルコール除菌薬(手ピカジェルなど)は、アルコール度数が70%以上あるのに対して、キッチン用アルコール除菌スプレーは60%程度に作られているものが多いです。

アルコールの度数が足りないため、キッチン用だと新型コロナウイルスの対策にはならないものが多いです。

もちろん、その他の除菌としては有効ですが、現在は新型コロナウイルス対策だと思いますので、効果は期待しにくいです。

これは薬局にいる薬剤師に聞いたので、間違いないと思いますが、一部の商品はアルコール度数が高いので、全てが対象ではありません。

ただし、手の消毒用アルコール除菌薬としては書かれていないため、効果については保証しかねます。

仮にキッチン用アルコール除菌スプレーに効果があれば、すでに店頭から消えていますからね。

今頃転売価格でメルカリやアマゾンで販売されていると思います。

スポンサーリンク

キッチン用アルコール除菌スプレーは効果なし

上記でも紹介しましたが、今回は新型コロナウイルス対策として話していますので、キッチン用アルコール除菌スプレー(度数の低いもの)は効果はありません。

その他の手についた汚れやばい菌などの殺菌・消毒できますが、アルコール度数が足りないため、新型肺炎対策には効果なしのものも多いです。

そのため、ドラッグストアや薬局でも常に置いてあり、品切れになっていません。

キッチン用アルコール除菌スプレーで手の殺菌はできるのか?まとめ

今回紹介したとおり、キッチン用アルコール除菌スプレーでは、新型コロナウイルスに対しては効果がありません。

これはアルコール度数が十分ではないからです。

薬局やドラッグストアなどでは緊急用にキッチン用アルコール除菌スプレーが紹介されていますが、新型コロナ対策であればアルコール度数の高い手ピカジェルなどが効果的です。

ただ、手には入りにくいため、どうしても使えない方の方が多いと思います。

僕もマスクは何とか変えましたが、アルコール消毒液は手に入りませんでした。

今後は生産体制も増えると思いますが、転売目的で購入されている方もいるので、しばらくは手に入らない状況が続きそうです・・・

新型コロナウイルスについてのまとめ記事も作りましたので、気になる方はぜひ読んでみてください。

新型コロナウイルス(肺炎)についてのまとめ・考察記事
スポンサーリンク