手作りマスクの作り方!売り切れで買えなくても自宅にある日用品を代用して新型コロナウイルス対策!

スポンサーリンク

中国では新型コロナウイルスが蔓延しており、2020年2月8日現在では34,000近い方が感染しており、死者は700人を超えました。

国内でもクルーズ船で新型コロナウイルスに感染した方が64人になり、国内全体で89人(2月5日現在)に。

そのため、薬局やドラッグストア・コンビニなどではマスクが売り切れ、購入できなかった方が後を絶ちません。

そこで、今回は自宅にある日用品(材料)を使って簡単に代用できるマスクの作り方を紹介します。

スポンサーリンク

自宅にある日用品を使った手作りマスクの作り方

先ほども紹介しましたが、すでにどこのお店でもマスクが売り切れており、

買えなくて困っている人はたくさんいるようです。

自家製マスクの作り方

早速ですが、マスクの作り方はとても簡単です。

代用するのに用意するのは

必要なもの
キッチンペーパー
ホッチキス
輪ゴム2個

の3つで、家になくてもスーパーなどで購入することができます。

①用意したもの

自家製ペーパーマスクの作り方

②キッチンペーパー(ペーパータオル)を2枚に折る

③さらに真ん中に合わせて折る

④さらに半分に折る

すると広げると8等分の筋がつきます。

⑤その折り目に合わせて山折谷折りして、ジャバラを作る

⑥輪ゴムを両端に乗せ、ホッチキスで止めます

⑨広げたら自家製ペーパーマスクの完成!

こちらは以前マスクが品切れになったときに困って調べて、僕が作ったやり方です。

おそらくですが、マスクの多くは中国で大量生産していたはずなので、現在は中国の新型コロナウイルスが蔓延しているため、工場などが使えない可能性も高く、しばらくは品切れが続きそうです。

なので、いつ購入できるのかは不明。

お子様などがいらっしゃるご家庭では、ちょっとアレンジしたペーパーマスクの作り方を紹介します。

子供用マスクの作り方!使い捨てできる安い衛生的なキッチンペーパーマスク

手作りマスクの注意点

手作りマスクは販売されているマスクと違って、フィルター機能となる材料が含まれていません。

例えば銀とか炭とかですね。

また、花粉などの粒子もカットできる機能ではないので、あくまでも飛まつ感染予防という意味で使ってくださいね。

スポンサーリンク

手作りマスクの作り方!売り切れで買えなくても自宅にある日用品を代用して新型コロナウイルス対策!まとめ

新型コロナウイルスの蔓延で、全国どこでもマスクが品切れ・売り切れ状態で、いつ購入できるのかわかりません。

新型肺炎だけではなく、インフルエンザや風邪予防・花粉症などで困っている方も多いと聞きます。

また、マスクをしないで咳きをすると、白い目で見られることが多くなりました。

僕も電車の中でくしゃみをしただけで、パッと色んな人に見られて焦りました・・・。

なので、飛まつ感染予防や相手に移さない為、マスクが手に入らなかった方は、作ってみてはいかがでしょうか。

では、まったね~

スポンサーリンク